<<  我是她的小猴子 | 首 页 | 021  >>
  • 夏音 - [悲喜自知]

    Tag:歌词 日本

    Glay的单曲

    夏の空は 今日も青空で  
    君を思い出すから嫌いだった 

    君の声が闻こえる 耳をくすぐる响き 
    照れてる君が好き 夏の音にまぎれて 
    哀しみの微笑を 喜びの涙を 
    そのひとつひとつが 仆の宝物 

    あの日出会って 见つめ合って  
    指が触れて 爱しさ知った 
    求め合って 恋に落ちた  
    慰め合って 爱になった 
    そんな日々の迹 

    夏の星は とても瞬いて 
    君のはしゃぐ 様子が嬉しくて 
    もっと好きと 伝えたかったけど 
    言叶にも 出来ないまま 

    夏の音はとても儚くて 
    君を思い出すから切なくて 
    きっといつか君の哀しみを 
    全て背负うそれが仆の梦だった 
    あの顷 


    君は瞳を闭じて 唇を震わせた 
    ずっと忘れないでと 言った様な気がした 
    月は颜を隠して 闇の深さを増す 
    见上げた星が今 人知れずに消えた 

    君はきっと 仆の中の  
    引き出しから 君をさらって 
    あの温もり あの优しさ  
    あのときめき 行かないでどうか  
    行かないで 

    梦中で駆けた 二人のページから 
    君の思い出ばかり 溢れ出て 
    そっとそっと 扉を开ければ 
    あの日 あの时と同じで 

    夏の空は 今日も青空で 
    君を思い出すから嫌いで 
    一人読んだ 最後のページには 
    「精一杯生きた证の様な恋でした」 

    仆は恋はずっとそのままで 
    一人 大人になるのが 
    寂しくて 

    夏天的天空 今天也是青空 
    因为会使我想起你 所以我讨厌它 

    我听得见你的声音 那声音弄得人耳朵痒痒 
    我喜欢害羞的你 混杂着夏天的声音 
    带着悲哀的微笑 带着喜悦的眼泪 
    每一个 都是我的宝物 

    从那天相遇 互相注视 
    触摸彼此手指 懂得了爱的感觉 
    彼此需要 陷入了爱慕 
    彼此安慰 变成了爱情 
    那些日子的痕迹啊……

    夏日的星星 非常闪耀 
    你嬉笑的神态看起来好高兴 
    我多想告诉你我喜欢你 
    却无法说出口 就这样终结 

    夏日的声音 非常虚幻 
    因为会使我想起你 所以那么凄切 
    那时我的梦想是 
    必有一天能背负你所有的悲哀 

    你闭上眼睛 颤抖了嘴唇 
    我记得你说:“永远不要忘记我” 
    月亮遮住了她的脸 黑暗显得更深 
    仰望过的星星 不知不觉间消失了踪迹 

    你一定 在我心中的 
    抽屉里住着 
    我的手掠过你的 
    那温暖 那温柔 那心动的感觉 
    不要走 请 不要走 

    从我们沉迷奔跑过的那些篇章中 
    涌出对你的回忆 
    轻轻地 轻轻地 打开门 
    还和那日那时一样 

    夏日的天空 今天也是青空 
    因为会使我想起你 所以我讨厌它 
    我独自读的 
    最后那一页上写着 
    “这爱恋证明了我曾经努力地活过” 

    我的爱恋一直没有改变 
    一个人长大 多么寂寞

     

     

    写得很好,翻得也不错

    突然感到不可抑制地悲哀

    想起了某人和某人

     

    分享到:

    历史上的今天: